🌴異次元の対策

🌴ボヤキ徒然日記

近頃、政治の世界で『異次元の対策』が声高に叫ばれています。

今朝の朝刊に、佐藤正明氏(風刺漫画家)の四コマ漫画が掲載されていましたが、『異次元』の意味合いがよく解りました。

ネットでググると、数学的にはこの次元という言葉は、空間の広がりの度合いを表現するんだそうです。

以下、私なりに今朝の朝刊の風刺画の意味合いを考えてみました。

---

■一次元とは「点」の連なりのヨコ線を表す。
□政治的には、一次元の「点」は【100円玉】らしい。

■二次元とは一次元にタテ線が加わり「面」を表す。
□政治的には、二次元の「面」は【1万円札】らしい。

■三次元とは二次元に高さが加わり「立体」を表す。
□政治的には、三次元の「立体」は【1万円の札束】らしい。

■四次元とは三次元に時間が加わり「空間」を表す。
□政治的には、四次元の「空間」は【1万円札束の乱舞】らしい。

※※※※

そして結論として、

政治的な『異次元の対策』とは、四次元に高度な政策が加わり【札束のバラマキ】ということになるらしい?

タイトルとURLをコピーしました