🌴|香りの効用|

🌴ボヤキ徒然日記

2021/06/24(goo blogより)

相変わらずのながらTVの朝食時、香りの効用についてのニュースがありました。

このコロナ禍で、親元に帰れない一人暮らしの若い女性が、最近、洗濯用洗剤を変えたという話。

変えた理由は、洗剤の効用等とかではなく、ただ単に、親が使用している(いた)洗剤に変えたのだそうです。

その洗剤で洗った衣服の匂いで、親元ふるさとに帰った気分になれる、からとのことでした。

――
近ごろは、洗剤に限らず、日用品のあらゆる物に、化学的な香りがします。

因みに我が家は、こうした香りが嫌いです。嫌いというか、嗅ぐと体調が悪くなるのです。まさしく香害です。

探すのが大変ですが、できるだけ無臭のもの、Made in Japanを購入するようにしています。香りが必要な場合は、自然の香りのものを使用します。

気になるトイレは、脱臭装置付き暖房便座に、天然・精油の「和ハッカ」を使用しています。
各部屋には、加湿空気清浄機を置いています。

前にも書きましたが、地下鉄などの車内で、鼻をつんざくような、香水を発している女子がいたら、即刻、風上か別車両へさりげなく逃げるようにしています。

本当に臭いんだから!

タイトルとURLをコピーしました