🌴車の中はススだらけ-2

🌴ボヤキ徒然日記

整備士からは、エアコンのメンテナンス部分の不具合は見受けられなかった、との説明がありました。

整備士が言うには、
--
あくまでも可能性(憶測)の話ですが、
エアコンの吹き出し口から出ていると思われる黒ススは、エアコン本体から吹き出し口までの間の、ダクトに使用されている何かが、劣化腐食して剥がれて、その残骸のカスが吹き出しているんじゃないか。

もしもそうであれば、そのダクト部分の取り替え修理となり、フロント部分の全面取り外しが必要なので、かなり大がかりとなり、かなり費用負担となります。
--
とのことでした。

つまるところ、16年も乗っていれば、いろいろな劣化現象が生じる、ということでしょうねぇ。何となく納得という感じ。

それじゃ、エアコンファンを最大にして、ダクトの中に滞留している、その残骸物を吹き飛ばせば、黒ススの出も少しは減るだろう。

数日間試してみましたが、一向に改善する気配はありません。それどころか、却(かえ)って酷くなっている感じがします。

車内がこんなススだらけじゃ、車の運転中はススを吸いっぱなし。気に入っている車なんですが、嵩(かさ)む修理費のことを考えれば、そろそろ買い替えの検討かぁ、参ったなぁ~。

何となく鬱々(うつうつ)とした気分で、車を運転する日が続きました。

そして数日前、月極め駐車場に車を止め、いつも通り、車内日除け用のサンシェード(銀色のアルミ箔製)を、フロントガラス部分に設置しておりました。

すると何か、小さな黒いススの塊のようなものが、一つ落ちてくるではないか。あぁっ、これだ~~~!

新犯人はサンシェードでした。「目から鱗(うろこ)が落ちる」とはこのことです。

因みに「目から鱗(うろこ)が落ちる」とは、
--
何かがきっかけになって、急に物事の実態などがよく見え、理解できるようになるたとえ。《新約聖書「使徒行伝」第9章から》
--

そのサンシェードは、5~6年前に購入したもの(百均ではありません)。形は崩れかかってはいるものの、本体の材質に特に問題はありませんが、外周(外枠)の「黒い縁取り」部分が経年劣化しており、それがスス状に飛散していたわけです。

とにもかくにも、黒ススの原因が判明し、一件落着となりました。ヤレヤレでした。

明日は車内の一斉清掃です。

🌴車の中はススだらけ-1

タイトルとURLをコピーしました