🌴アオリイカもヒトも同じだぁ

🌴ボヤキ徒然日記

昨日の夕食時に、NHK7:30~8:45「潜れ!さかなクン」という番組を見ておりました。

夏休み・隠岐諸島SPということで、海に面する生活道路から、手すり越しにアオリイカを、いとも簡単に釣っている映像が流れていました。

そのアオリイカについて、地元の人が言っておりましたが、何でもアオリイカは夫婦仲が良く、いつも一緒に行動するんだそうです。

だから、オスとメスの二杯(匹)をまとめて釣るんだとのこと。オスとメスの見分け方は、大きい方がオスということでした。胴長は40~45㎝位。

しかし闇雲(やみくも)に、二杯釣ろうとしてもダメなんだとか。まずメスを最初に釣り上げるのが絶対条件だそうです。

夫婦仲のよいアオリイカのオスは、メスはどこに行ったんだと、今まで一緒に居た付近を、うろうろと探しまくるんだそうです。だから、いとも簡単にオスも釣り上げることができるとのこと。

---
これが、オスを最初に釣り上げ、そのあとでメスを釣り上げて、というやり方だとまず失敗するんだとか。何でか?

それは、オスとメスの行動様式が違うからなんだそうです。

今まで一緒に居たオスが、釣り上げられて居なくなっても、夫婦仲のよかったメスは、どこに行ったんだと、オスを探す素振りも見せずに、一目散に沖へ逃げて行ってしまうとのこと。

□□□

結論。
アオリイカもヒト(人)も、行動様式はさほど変わらないんだなぁ~。オスの人は心しておいた方が・・・。

  桑原 桑原(くわばら くわばら)!
-災難を避けようとして唱えるまじない-

タイトルとURLをコピーしました