🌴昭和の潤い

🌴ボヤキ徒然日記

NHK総合で、日曜の朝、6時40分から「10分で巡る にっぽんの廃線」を放送しています。

たまたま昨日見ましたが、鉄道ファン(取り鉄オタク)が、廃線の当日、その列車をカメラに納めようと、集まってきている様子が映されていました。

かなり古い映像でしたが、その光景は現在の鉄道ファンと同様です。

線路は複線なので、片方の線路を廃線列車が通過し、もう片方の線路内に、鉄道ファンが群がっている映像でした。

カメラを構えた鉄道ファンのすぐ真ん前を、列車が通過して行きました。

通過列車との距離は2m位で、危険防止の仕切りどころか、ロープさえ張ってありません。

線路内になんか入れない今では、ちょっと想像できない光景です。

「事故か何かあっても自己責任ですよ」といった、暗黙の了解みたいなものがある社会だったんですかねぇ。

□□□□□

そういえば高校生の頃(50年程前)、私は列車通学をしておりました。電車ではなく、モクモクと煙の出る、石炭燃料の蒸気機関車です。いわゆるD51のようなもの。

乗車口の扉なんか全て手動です。発車時刻に遅れた時は、走り出した列車を追っかけて、その手動扉を開けて飛び乗るのです。

さながら「007」です。そういうことができた、潤いのある時代でした。

そういえば、007シリーズの新作が来月封切りされるとか。

最近の映画は、最新技術を駆使した、素晴らしい映像と音響効果が持ち味です。しかし、何故かちっとも面白くないのです。

このシリーズは全て観ていますが、潤いのある初期のシリーズの方が面白かったです。

だから新作だといっても、あまり期待しておりません。

―――
何でもかんでも、危ない・・危ない・・といった風潮の現代社会。

何でもかんでも、○○ハラスメントといった風潮の現代社会。
―――

貧しくても、社会にもっと潤いのあった、昭和の時代が懐かしい。

しかし何やかんやで、今は便利さを享受できるようになった時代であることも事実。

昭和のいいとこどりをするのも、ちょっと虫が良すぎるんじゃないのォ、とお叱りを受けそうです。

『昭和は遠くなりにけり』

タイトルとURLをコピーしました