🌴食品スーパーの本気夫婦

🌴ボヤキ徒然日記

最近は、食材調達のため妻と連れだって、スーパーマーケットに行くことが、ルーチンワークになっています。

食材選びは妻で、私はカート引きと会計です。

数年前から感じることですが、なんか果物が高くなったなぁという気がしています。

特に何かと比較してというわけではなく、感覚的なものですが。

国内産果物には旬がありますが、今は保存技術のおかげで、年中いつでも食べることができます。特にリンゴなど。

陳列されている果物は、見映えがよい形の整ったものがほとんどです。

少々姿形が悪くてもよいので、もう少し廉価な果物を流通していただければ、旬の果物も気軽に食することができるのですがねぇ。

今や、気軽に買える果物といったらバナナくらいです。

―――――

話しは変わりますが、
昨日、スーパーでカート引きをしていると、シニア夫婦と思われる二人が、通路にいた私のすぐ横を、何か会話をしながら、通り過ぎて行きました。

会話内容の詳細はわかりませんが、通り過ぎる時に聞こえた会話のやりとり。

(妻)
「それって、本気で言っているのぉぉ~」

(夫)
ちょっと沈黙のあと「本気だよぉぉ~」

何か少し不穏な雰囲気でした。その後の展開は不明。

―――――

我が家も些細なことで、犬も食わない何とかで、夫婦間のいさかいは時々あります。

その時に、妻側が持ち出してくる、究極の切り札が、

――
うん十年前の、記憶の遥か彼方にある、夫側の過去の不埒な諸行です
――

そう言えば、そんな事もあったような、なかったような。

つまるところ、だんだんと夫側に不利な展開となってくるのです。

もうすぐ結婚40周年、
平穏なシニア生活を営む教訓。

『老いては妻に従え!』

タイトルとURLをコピーしました