🌴「清き一票」とはいったい何なんだ!

🌴ボヤキ徒然日記

先日「一票の格差」問題で、衆議院も参議院も、最高裁の大法廷で審理云々、という報道がありました。

こういう問題は、私なんか浅学非才のため、よく理解しておりませんが。

---
ところで、昨年の衆議院選挙で、立憲民主党と国民民主党の比例代表での略称が、どちらも「民主党」という問題?がありました。

これでは「民主党」と書かれた票は、立憲民主党と国民民主党のどちらに、有権者が投票したのかわかりません。

何でも、この衆議院選挙では「民主党」と書かれた票が約362万票あったそうです。

しかしそのような票は、無効票ではなく「按分票」となるとのことでした。

私なりに問題意識をもって、当時のニュース番組を見ていたのですが、さして大した問題になっていないわけです。

「一票の格差」を最高裁で争っている傍らで、「按分票」となる362万票は、さして問題にならない。へぇ~~、といった驚きを感じたものです。

---
そして今回の参議院選挙。
またしても、立憲民主党と国民民主党の比例代表での略称が「民主党」とのこと。

立候補者がよく使う言葉「清き一票」を云々。今回も、有権者の意図しない、何百万票もの「按分票」が生まれるわけです。

「清き一票」とはいったい何なんだ!

・自由民主党は「自民党」
・社会民主党は「社民党」

なんですから、

・立憲民主党は「立民党」
・国民民主党は「国民党」

でいいんじゃないの?

まったく、そんな「略称論争」なんかより「政策論争」だろう、とついついボヤキたくなる。

---
因みに、
公職選挙法では、複数の政党が同じ略称を使用することは、認められているんだそうです。

何か変なのっ!

タイトルとURLをコピーしました